2008年09月28日

雄和路ポタ

■曇り時々晴れ、北西の風あり
水沢橋近くでお昼にしました(^^ゞ華の里にて3日ぶりのライディング。昨日は雨が降って無くても風が強くてまったく乗る気になりませんでしたが・・今日はいささか風もおさまって出発の11時前頃には晴れ間も見えていました。
特に行き先も決めずに北西の追い風に乗って雄物川CRを黒瀬橋まで来たところで、この追い風を利用して更に先に進み新波橋まで行って戻って来ようと決心しました。
新波まで行くなら、昼を回ってしまうのでローソン雄和石田店でコンビニおにぎりとお茶を購入、水沢橋のたもとのゲートボール場のベンチで昼食をとった。
華の里では、ヴィラ・フローラの前の方のスロープに薄いピンクや白の小さな花が咲いていて綺麗だったので1枚記念写真。(この花はなんていう名だろう?・・・)
実りの秋でございます!りんご園でりんごを食べたいなぁ雄和種沢では小金色になった田んぼと蒼い高雄山のコントラストがなんとも秋らしくて見とれてしまった。
そう言えば、高雄山にはとんとご無沙汰・・恥ずかしいことに確か去年も一度もヒルクライムしてなかったのでは^^;
今日もヒルクライムするぞー!っていう気にならないだらしなさでごぜぇーます(ーー;)(実は最近喘息発作がまた出てきているので、ヒルクライム後のことが気になってムリが出来ないと・・言い訳ざんす)
観光りんご園の方向に、のぼりが立っている所を見るとりんご狩りができるのだろう。直売所でりんご1個買って食べてみようかという気になって行ってみたが・・6個ぐらい入った袋入りで500円だったかな?・・結局、りんご狩り客もいなければ、お昼休みなのか直場所にだれも居なかったので食べる分1個だけ買う相談が出来ず、その場を立ち去る。
この先にも無人販売所なんかもあるだろうと期待していたが、結局見つけることが出来ず食わずじまい。

■タヌキの受難路
雄和路を久々堪能して帰路に着きます今日はここ雄和路を走っていて、クルマに跳ねられた無惨なタヌキの死骸を2回も見てしまった。
そのうちの一匹の死骸にはカラスが1羽傍に居て、えぐり出したのか腸が路上に出ているものもある始末。(ーー;)うぇーっ!ゲロゲロ。(想像させてすみません^^; )
ところでタヌキの調理法として、「たぬき汁」がよく知られているが、タヌキと良く混同されるアナグマはとても美味らしいが、タヌキの肉は非常に獣臭いため、そのままではとても食べられたものではないそうだ。「たぬき汁が」おいしいとされるのは良く似たアナグマと混同されている場合が多いとか・・。
どおりでカラスも寄ってたかって食ってるという感じじゃなかったもんね〜(ウギョー!またまた想像させてすみません^^; )
このタヌちゃん何ゆえ交通量の割合多いこの道路を横断する必要があったのか?エサ場が道路をはさんだ向こう側にあったためか?
彼?、彼女?にも家族があったろうに・・もしかしたら子ダヌキが君の帰りを今か今かと待っているかもしれないのだ。
そんなことを考えながら・・雄和左手子、雄和向野と快調に走り新波橋を渡って新波のコープで休憩。
その後の折り返しは雄和女米木側のコースで帰路に着きました。
帰りは向かい風になってさぞ大変かと思ったのですが、高尾山の山裾のコース・・風が幾分遮られているためか、予想に反して大したこともなく快調に走り、雄和路を後にしたのでありました。

 ★皆様の一票が私の原動力になってます。
   このボタンをポチっとお願いします。 ⇒ 
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
posted by 雲 at 21:43 | 秋田 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年の9月29日に同じような画像をアップしていました。
http://blog-imgs-26.fc2.com/h/a/r/harropage/WAKASUGICYCLE07092911.jpg
花の種類が分からず「小菊」としか書いてありませんでした(^_^;)。
Posted by harropage at 2008年09月29日 21:29
>昨年の9月29日に同じような画像をアップしていました。

おおっ、この写真ほぼ同じアングル!(^^ゞ

>花の種類が分からず「小菊」としか書いてありませんでした(^_^;)。

確かに花は「小菊」のようですね。
Posted by スローとりっぷ at 2008年09月30日 19:02
クジャクソウでした。
Posted by harropage at 2008年10月01日 07:56
なるほどクジャクソウ・・?
見たことある花だなぁ〜・・もしやアスター?と思ったのですが・・今一自信がなくて。
クジャクソウを調べてみると別名:宿根アスター(孔雀アスター)ってあったのでやはり!
って感じです。
強健で育て易いとあるので自宅の庭にも一株植えて増やしてみたい品種です。
Posted by スローとりっぷ at 2008年10月01日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クジャクソウ
Excerpt:  スローとりっぷさんが取り上げていたヴィラ・フローラの花。  昨年9月29日、同じような場所で撮っていた。  その時には「小菊」と書い...
Weblog: HarroPage
Tracked: 2008-10-01 07:57

----【 P R 】----------------

■自転車&アウトドアショップ
フィールドギア - アウトドア&フィッシング ナチュラム




■パソコン・周辺機器他
     
PCDEPOT WEB本店/OZZIO