ヘルメットカメラ装着編Vol.1

100円ショップのカメラ基台を付けてみた。取付け部拡大とりあえず、ヘルメットにカメラを取付けられるようにしてみました。100円ショップで調達したミニ三脚の脚を取払い、自由雲台だけに分解します。次に写真の通りコの字に折り曲げた折り曲げ金具の中央に自由雲台をネジ止めし、ヘルメットに当る部分にゴムスポンジ等を貼りキズ付き防止とします。このコの字金具がヘルメットのほぼ中央に位置するように適当な位置のホールに差し込んで後はタイラップで金具をヘルメットホールを利用して固定するだけです。
実際に雲台にカメラを装着して走行してはいないのですが、カメラを装着したヘルメットを持って上下左右に揺さぶってみたところ、コの字金具はガッチリ固定されていて問題ないのですが、自由雲台のボールのロック力がちょっと不足気味^^;・・あまり強く揺するとカメラの重みで雲台自体が動いてしまいます。ガーン!(ーー;)材料をケチってしまった報いか!・・でも100円ショップで買ったけど300円の三脚じゃぞぉ!(大差はないか・・笑)
残念ながらもうちょっとしっかりした素材を選ばないとダメでしたね。それにこの雲台の位置だとカメラがヘルメットより高い位置になり、木の枝にぶつかってカメラキズ付きor破損なんて可能性が高い訳で・・やはりもうひといきでした。(^^ゞ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック